「十津川警部 海の見える駅 愛ある伊予灘線」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 定年後、一人暮らしをしていた小菅の父親・信一郎が遺体で見つかる。捜査1課の十津川によると、自室で見つかった遺体の死因は溺死で、数日間冷凍されていた痕跡があるという。小菅は、5年前に別居して以来、音信不通だった父が最近、プロ仕様の高級カメラを2台も購入して旅に出ていたことを知る。見つかった1台のカメラには北陸の写真が残されていた。

 しかし、数日後に父と四国で知り合ったという彩乃が訪ねてくる。彼女によると、父は四国の“愛ある伊予灘線の無人駅”下灘駅で夕日を撮るためにレンタカーで寝泊まりしていたという。進まぬ警察の捜査に苛立つ小菅は、彩乃に案内を頼んで四国に向かう。

 絶景の無人駅を舞台にしたトラベルミステリー。 (小学館 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る

人気キーワード