「十津川警部 海の見える駅 愛ある伊予灘線」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 定年後、一人暮らしをしていた小菅の父親・信一郎が遺体で見つかる。捜査1課の十津川によると、自室で見つかった遺体の死因は溺死で、数日間冷凍されていた痕跡があるという。小菅は、5年前に別居して以来、音信不通だった父が最近、プロ仕様の高級カメラを2台も購入して旅に出ていたことを知る。見つかった1台のカメラには北陸の写真が残されていた。

 しかし、数日後に父と四国で知り合ったという彩乃が訪ねてくる。彼女によると、父は四国の“愛ある伊予灘線の無人駅”下灘駅で夕日を撮るためにレンタカーで寝泊まりしていたという。進まぬ警察の捜査に苛立つ小菅は、彩乃に案内を頼んで四国に向かう。

 絶景の無人駅を舞台にしたトラベルミステリー。 (小学館 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る