渡瀬恒彦さん死去、72歳…一昨年秋から胆のうがんで闘病

公開日: 更新日:

 ドラマ「十津川警部」シリーズや「おみやさん」などで親しまれた俳優・渡瀬恒彦さんが14日午後11時18分、都内の病院で亡くなった。72歳。16日、所属事務所が明らかにした。死因は多臓器不全。一昨年秋から胆のうがんで闘病を続けていた。葬儀は近親者のみで営む。喪主は妻のい保さん。

 1969年に東映に入社し、数多くのやくざ映画や時代劇、刑事もののテレビドラマに出演したほか、「震える舌」「南極物語」などの話題作に出演して日本を代表する演技派俳優として活躍した。兄は俳優の渡哲也(75)で、兄弟でスター俳優として知られていた。

 私生活では女優の故大原麗子さんと73年に結婚したが、78年に離婚。79年にい保さんと再婚し、息子と娘に恵まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る