安藤サクラは朝ドラも好調 ブス役も武器にする演技の凄み

公開日:  更新日:

 カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した「万引き家族」(是枝裕和監督)で、審査委員長がその“泣き”の演技を絶賛した安藤サクラ(32)。ほかにも「愛のむきだし」や「百円の恋」など、出演した映画それぞれで抜群の演技力と存在感を発揮し続け、今や押しも押されもせぬ若手トップの演技派女優である。

 まさかのヒロインに選ばれた、放送中のNHK朝ドラ「まんぷく」も絶好調。高視聴率の原動力となっているとはいえ、映画界での実績と比べるとテレビ界ではまだ真価を発揮しているとは言い難い。

 民放連続ドラマに絞ると「それでも、生きてゆく」(11年)、「ショムニ2013」(13年)に出演したのち、16年4月期の「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)で連ドラ初ヒロインを務めた。岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥といったイケメン俳優に交ざって、何かと「ブス」呼ばわりされるOL役を、女性視聴者の反感を買うほど熱演して、強い印象を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る