俳優・彫刻家マルチな顔を持つ片桐仁が語る“平成オタク史”

公開日: 更新日:

 平成の30年間でヒットした商品や流行は数知れず。ひとつだけハッキリ言えるのは、平成はオタク文化が花開き、世界に羽ばたいた時代ということだ。お笑い芸人、俳優、彫刻家……と多彩な顔を持つ片桐仁(45)が「体験的平成オタク文化史」を大いに語る。

  ◇  ◇  ◇

 平成の幕開けはオタク受難の時代でした。元年に宮崎勤事件が起き、僕は高1で“オタク狩り”というか、中学時代はガンダムの話ばかりの友達が一切しなくなった。同級生に「おまえ、オタク?」と聞かれても、「違うよ」って全力で否定したりして。まだ「草食系男子」なんて言葉はなく、「リア充」以外は許されない時代でしたから。

 プラモデルも冬の時代でね。デザインが好きな「機動警察パトレイバー」のメカはプラモ化されない。海洋堂のガレージキットはあったけど、高くて買えない。自作しようとホビージャパンを読むと、手をパテで作るとか書いてあって、できっこないんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る