片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

公開日:

 1980年代初頭は、エレキ編成に変わったRCサクセションにとって大きく花ひらいた時期である。

 当時のライブ本数は年間90本を数え、全国を目まぐるしく飛び回っていた。

「79年から80年にかけての不遇の時代から目の前が一気に開けた感じです。ライブが口コミでうわさになり、TV出演や雑誌の露出も目立ってきました。清志郎さんはその頃はまだ銭湯通いで、汗だくでステージを終えて、銭湯の閉まる時間を気にしてたという話があります。番台のおばさんに『あんた、最近テレビに出てる化粧した男の子に似てるね』って声をかけられたという(笑い)」

 当時から、清志郎は自らをミュージシャンとは呼ばず、常に“バンドマン”と言っていた。

「バンドマンという言葉には、『アーティスト』とか『ミュージシャン』という呼び方よりも、もっと当時の、昭和というか、その時代の演奏者が好んで使っていた雰囲気がありますよね。あと、メンバー全員でひとつの“バンド”であって、自分はその一員ということも含まれているのかな。清志郎さんはバンドが大好きでしたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る