時給800円のバイト生活が一変 出演料5000円にクラクラ…

公開日: 更新日:

新田恵利編<2>

「オーディション、受けてみれば」と先輩に言われたのが高2の夏。「オールナイトフジ 女子高生スペシャル」だ。

 優勝すればハワイというその言葉に応募を決意した。特番3回には、1回だけ出演のメンバーと、すべてに出るメンバーに分かれ、私はすべてに出させてもらった。その後スタッフの方から手紙があり、新番組のアシスタントをやりませんかと書いてあった。それが、1985年4月1日からの新番組。フジテレビ「夕やけニャンニャン」である。

 アシスタントとの文字をみて、赤いブレザーを着て、「ドレミファドン!」でハガキの応募先を伝えるお姉さんが浮かんだ。それぐらいなら私でもできるだろう。何より1回の出演料5000円に目がクギ付けになった。当時、不二家で時給380円のアルバイトをしていて、友だちとキタキツネを見に北海道へ行くツアーの旅費を貯めたりしていた。高2のときツアーに行くまでのことを思い出すまでもなく、5000円は私にとって桁違いの額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る