時給800円のバイト生活が一変 出演料5000円にクラクラ…

公開日:

新田恵利編<2>

「オーディション、受けてみれば」と先輩に言われたのが高2の夏。「オールナイトフジ 女子高生スペシャル」だ。

 優勝すればハワイというその言葉に応募を決意した。特番3回には、1回だけ出演のメンバーと、すべてに出るメンバーに分かれ、私はすべてに出させてもらった。その後スタッフの方から手紙があり、新番組のアシスタントをやりませんかと書いてあった。それが、1985年4月1日からの新番組。フジテレビ「夕やけニャンニャン」である。

 アシスタントとの文字をみて、赤いブレザーを着て、「ドレミファドン!」でハガキの応募先を伝えるお姉さんが浮かんだ。それぐらいなら私でもできるだろう。何より1回の出演料5000円に目がクギ付けになった。当時、不二家で時給380円のアルバイトをしていて、友だちとキタキツネを見に北海道へ行くツアーの旅費を貯めたりしていた。高2のときツアーに行くまでのことを思い出すまでもなく、5000円は私にとって桁違いの額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る