豹変した生活…“芸能界で生きる”という現実を知った卒業式

公開日:

 問答無用とばかりに、スケジュールを組み、こちらの気持ちなどまったく考慮されていないような大人たち。豹変する世の中、近所の人、人という人が怖くなった。

 やがて、頭の中は3つの言葉しか浮かばなくなる。

「いつ終わる」「いつ食べられる」「いつ寝られる」……。

 疲れと睡眠不足で朝6時に起きて自転車で通学していた高校に遅刻するようになり、遅刻ばかりになった。ある日、私は生活指導の先生から呼び出され、こう言われた。

「這ってでも来い」

 それでも、忙しすぎる状況を伝え聞いていたのか、「それで早退にしろ」と言い添えてくれた。体育の時間だったか、私があまりに青白い顔をしていて、別の先生からは「保健室で寝てなさい」と言われた。

 担任の先生と進路相談をしてないことに気がついたのは、卒業式の日であった。職員室で山積みの色紙にサインをしながら、聞いてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る