“和製MJ”こと三浦大知「歌声の響」御前演奏に大抜擢の背景

公開日: 更新日:

 歌手の三浦大知(31)が2月24日に行われる、天皇陛下在位30年の記念式典で天皇陛下が作詞、皇后陛下が作曲された「歌声の響」の御前演奏に大抜擢され、話題になっている。

 御前演奏は、99年の在位10年記念式典ではX JAPANのYOSHIKIが、09年の在位20年記念式典ではEXILEが演奏しており、三浦は3組目。現天皇の在位を祝う最後のアーティストになる。「歌声の響」は75年、陛下が皇太子時代に沖縄を初訪問した際に作られた歌で、沖縄出身かつ、17、18年と2年連続でNHK紅白に出場している三浦に白羽の矢が立ったというわけだ。

 三浦は9歳でFolderのメインボーカルとしてデビュー。子供向け番組「ポンキッキーズ」(フジテレビ系)に安室奈美恵(41)の後継として登場し、ズバぬけた歌とダンスで“和製マイケル・ジャクソン”といわれた。ところが人気絶頂の13歳の時に、変声期のため5年間休業。再始動後は作詞・作曲、さらに振り付け、演出を手がけるようになり、17年の紅白では「無音シンクロ」ダンスで注目を浴びた。昨年の紅白では若手ダンサー30人を率いて、カメラチェックにとどまらず、リハーサル中に転倒したダンサーに「本番じゃないから大丈夫!」と声掛けまで全てをこなしていた。プライベートでは15年に結婚、1児の父でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  5. 5

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

もっと見る