“和製MJ”こと三浦大知「歌声の響」御前演奏に大抜擢の背景

公開日: 更新日:

 歌手の三浦大知(31)が2月24日に行われる、天皇陛下在位30年の記念式典で天皇陛下が作詞、皇后陛下が作曲された「歌声の響」の御前演奏に大抜擢され、話題になっている。

 御前演奏は、99年の在位10年記念式典ではX JAPANのYOSHIKIが、09年の在位20年記念式典ではEXILEが演奏しており、三浦は3組目。現天皇の在位を祝う最後のアーティストになる。「歌声の響」は75年、陛下が皇太子時代に沖縄を初訪問した際に作られた歌で、沖縄出身かつ、17、18年と2年連続でNHK紅白に出場している三浦に白羽の矢が立ったというわけだ。

 三浦は9歳でFolderのメインボーカルとしてデビュー。子供向け番組「ポンキッキーズ」(フジテレビ系)に安室奈美恵(41)の後継として登場し、ズバぬけた歌とダンスで“和製マイケル・ジャクソン”といわれた。ところが人気絶頂の13歳の時に、変声期のため5年間休業。再始動後は作詞・作曲、さらに振り付け、演出を手がけるようになり、17年の紅白では「無音シンクロ」ダンスで注目を浴びた。昨年の紅白では若手ダンサー30人を率いて、カメラチェックにとどまらず、リハーサル中に転倒したダンサーに「本番じゃないから大丈夫!」と声掛けまで全てをこなしていた。プライベートでは15年に結婚、1児の父でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る