• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有働由美子の知られざるジャーナリスト魂 NHKの同期が語る

 10月から日本テレビ系「news zero」でメインキャスターを務める有働由美子。民放ニュースの帯番組で初レギュラーのプレッシャーは相当だろうが、NHKで有働とは同期入局だったジャーナリストの立岩陽一郎氏はこうエールを送る。

「有働さんがNHKを辞めた際に“ジャーナリスト宣言”を行って、NHKの先輩でジャーナリストの池上彰さんから“軽々しく言うべきでない”とたしなめられました。本人ものちに一生アナウンサーですと訂正しましたが、私は彼女の本質はアナウンサーではなく、ジャーナリストだと思います。

 というのも理由があります。私が沖縄でNHKの駐在記者をしていた95年、あの忌まわしき米兵少女暴行事件が起きました。沖縄県民の怒りは凄まじかったのですが東京のテレビ局はなかなか事件のニュースを取り上げませんでした。そんな中、初めて事件を報じたのが彼女が司会だったニュース番組『おはよう日本』でした。沖縄で取材していた私の元には有働さんから何度も連絡があり、現地はどうなっているのか、県民感情は、と逆取材。原稿を読むだけのアナウンサーならそこまではしませんし、ほとんどがそう。強い思い入れがある事象に対しては自ら動いて取材するジャーナリスト魂の持ち主なのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る