小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

TBS杉山真也アナはコーナー後半を早口で“はしょる”難あり

公開日: 更新日:

診断結果は…【可】

 TBS系「あさチャン!」で7時台後半の「全力!リサーチボード」を担当している杉山真也。先月31日は東京五輪・パラリンピックの1000万枚のチケットをいかに入手するかを取り上げた。論点は「チケットの入手方法」「入手困難な競技、観戦しやすい競技」「無料の競技」の3つ。

「今年4月の申し込みから全てインターネットで行われます。まずID登録が必要です」と杉山。パソコンで個人情報を入力することに慣れていないお年寄りらに向けて「コールセンターを設置して案内していく」という関係者の話。グループに60歳以上のシニアや12歳以下の子供がいる場合でも、パソコン操作ができる人がグループにいれば大丈夫――などの説明はわかりやすかった。

 陸上トラック&フィールドの決勝は13万円、競泳、男子バスケットボールの決勝10万8000円などのチケット入手は大変だが、サーフィンや空手など東京五輪から始まる新競技は比較的入手しやすいと大いに盛り上がった。このあたりから口調は早くなる。コーナーの終了時間が迫ってきたのだ。「公道を使う競歩やマラソンもスタート、ゴール以外は無料で観戦できます」とやや中途半端な終わり方に。他に無料観戦できる競技や手だてはないのか、こちらにもっと時間を割くべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る