東京五輪チケットサイト ID登録者数は早くも75万人を突破

公開日:

「けさ(12日)の時点で、75万人を超えました。ロンドン大会では、チケット販売開始時点で200万人でしたので、まだまだこれからです」

 こう言うのは、2年後に迫った東京オリンピック・パラリンピック「東京2020大会」組織委員会の広報担当者。

 東京五輪の観戦チケットの販売開始は来年春以降だが、スムーズに販売を行うため、チケットの申し込み・購入は販売サイトで行うことになっている。購入には事前にID登録が必要で、その登録者数(今年7月から受け付けスタート)が、およそ3カ月で75万人を超えたというわけ。まだ目標値の3分の1とはいえ、まずは順調な滑り出しといったところか。

「チケットは販売窓口でも売る予定ですが、こちらは2020年になってから。陸上だとか、水泳だとか、どうしても見たい競技が決まっている人は、先手を打って事前にID登録をしてチケットを購入するのがベスト。窓口販売を待っていては、人気競技の場合、いい席が売り切れてしまう可能性があります」(スポーツ担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る