実はお手本が 嵐の活動休止会見「1.27夜」だった3つの理由

公開日: 更新日:

 “アラシック”=本来は熱狂的な嵐ファンのことだが、活動休止発表以降は、2020年12月31日をもって活動を休止することで衝撃を受けたり、心が傷つく現象を指す――。今回の騒動でいまだ激震が続くテレビ界では、業界関係者もこの言葉を使っている。しかし改めて疑問に思うのは、なぜ1月27日に活動休止を公表しなければならなかったのか、だ。

 その理由は3つある。当初、活動休止会見はもう数週間早く行われる予定だったと証言するのは某キー局の編成関係者。

「本来、1月13日、あるいは20日の日曜日が候補日だった。公表する段取りは夕方5時にファンクラブのHP、そして8時に会見という流れ。HPの発表から3時間あれば、各社とも会見に駆けつけることはできる。が、蜜月関係にあるフジテレビに、日曜夜放送の『Mr.サンデー』で独占させる段取りは変わらなかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る