実はお手本が 嵐の活動休止会見「1.27夜」だった3つの理由

公開日: 更新日:

 “アラシック”=本来は熱狂的な嵐ファンのことだが、活動休止発表以降は、2020年12月31日をもって活動を休止することで衝撃を受けたり、心が傷つく現象を指す――。今回の騒動でいまだ激震が続くテレビ界では、業界関係者もこの言葉を使っている。しかし改めて疑問に思うのは、なぜ1月27日に活動休止を公表しなければならなかったのか、だ。

 その理由は3つある。当初、活動休止会見はもう数週間早く行われる予定だったと証言するのは某キー局の編成関係者。

「本来、1月13日、あるいは20日の日曜日が候補日だった。公表する段取りは夕方5時にファンクラブのHP、そして8時に会見という流れ。HPの発表から3時間あれば、各社とも会見に駆けつけることはできる。が、蜜月関係にあるフジテレビに、日曜夜放送の『Mr.サンデー』で独占させる段取りは変わらなかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る