フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

公開日: 更新日:

 かつてフジテレビには2度の黄金期があった。そのどちらも、女子アナの活躍を抜きにしては語れない。

 第1次黄金期は1982~93年。最も象徴的で、のちに女子アナブームを巻き起こすきっかけとなったのが、夜の看板スポーツ番組「プロ野球ニュース」のメインキャスター(MC)に、入社わずか2年目の中井美穂アナを、女子アナとして初めて起用したサプライズ人事。

 この間、フジは12年連続で視聴率3冠を獲得している。

 第2次黄金期は2004~10年。爆発的人気を誇った内田恭子アナをはじめ、学生キャスターからフジ入社を果たした本田朋子アナ、“元おはガール”の平井理央アナらがMCを務めた「すぽると!」は数多くの人気女子アナを輩出し、視聴率3冠返り咲き(7年連続)に貢献している。

 2度の黄金期に共通するのは、“自局アナ×スポーツ番組”という化学反応。現在、その条件を満たしているのは、「プロ野球ニュース」「すぽると!」の後継にあたるスポーツ番組「S―PARK」でMCを務めている宮司愛海アナ(27)、ただひとりだ。果たして3度目の奇跡は起こせるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る