日テレ水卜麻美の武器は“冬の学生時代”に磨いた「ヘン顔」

公開日: 更新日:

 まもなく入社10年目を迎え、いまや国民的人気を持つ日本テレビの水卜麻美アナ(31)。

 出身は千葉県市川市。ごく普通の家庭に生まれ、小さいころからテレビが大好きで、いつしかアナウンサーを目指すように。当時憧れていたのは「めざましテレビ」でMCを務めていた小島奈津子アナ(当時フジテレビ)。しかし高校時代は毎日のように友達に“ヘン顔”を披露していたらしいので、同じフジでもどちらかといえばバラエティーで人気を博した木佐彩子アナ(同)が近いタイプ。

 テレビ業界を夢見て、私立進学校から慶大文学部に進学。しかし地味なルックスにコンプレックスをもっていた彼女は、華やかな同級生たちに臆してしまい、持ち前の明るいキャラを封印。

 密かに狙っていた女子アナの登竜門「ミス慶応」には誰からも推薦されず、大学のキャンパスでは冬の時代を過ごしていた。そんな彼女を救ったのが、最大の武器である“ヘン顔”。就職活動では第1志望のフジのほか、TBS、テレビ朝日と落ちまくったものの、日テレの入社面接で「ボラの顔マネが得意です!」とマニアックなネタで担当者を笑わせ、見事2000分の1といわれる民放キー局のアナウンサー試験を突破した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る