俳優・京本政樹さん「人の恋愛を邪魔する女性イヤですね」

公開日: 更新日:

 これまで出会った異性についてぶっちゃけてもらう新企画「最低女(男)最高女(男)」(不定期)。第1回は、22日に出演映画「翔んで埼玉」が公開される俳優の京本政樹さん(60)。若い女性にも人気の京本さんが引かれるのは意外にも古風な女性。

  ◇  ◇  ◇

 スカウトされたのは中学時代ですが、デビュー前からファンクラブのようなものがあって。朝から自宅の前の電柱の陰にファンクラブの女の子たちがいて、ポストにファンレターを入れるわけです。それが僕には迷惑でね。彼女らに初恋を邪魔されたからです。

 15歳の時、クラスに好きな子ができました。テスト前は朝早く学校に行って教室で勉強を教え合い、夜は親に「いつまでしゃべってんだ!」と怒られながら電話する。毎日が楽しかったですね。

 ところが、2、3カ月した頃、その子から「話がある」と言われ、家に帰ってから、彼女の家に電話をしたんです。そうしたら彼女、「これからはみんなと同じように、京本君のことを遠くから応援するから」と。あ、オレ、振られたんだなとわかりました。次の日からは話しかけることさえできなくなって、ずっとモヤモヤしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る