小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

公開日: 更新日:

 派遣型マッサージ店の女性に対する強制性交容疑で逮捕された俳優の新井浩文容疑者(40)。

 警視庁は捜査に慎重を期すため21日まで勾留を延長。所属事務所も契約解除となり、今後はお蔵入りになった作品について莫大な損害賠償を求められることになるが、新井については俳優仲間からも素行の悪さを危ぶむ声が上がっていたという。芸能関係者が語る。

小栗旬をリーダーとする小栗会という俳優仲間の集いがあるのは有名ですが、もともとは小栗と同世代である藤原竜也山田孝之松本潤鈴木亮平瑛太ら1982~83年生まれが中心。そこになぜか79年生まれの新井が合流してきて、リーダーである小栗よりも存在感を示していたんです。新井は酔うと乱暴になる癖があるだけに、みんな思うところがあったが先輩だけに何も言えない。頼みの小栗も『新井くんは怖い』と距離を置いていて、新井の酒癖の悪さなどは見て見ぬふりをしていたんです。唯一メンバーで新井より年上だったのはムロツヨシ。でも彼じゃナメられるばかりで、新井が暴走したら止めることなんかできません」

 二度と共演することはないだろうが、後味の悪さだけが残る事件である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る