小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

公開日: 更新日:

 派遣型マッサージ店の女性に対する強制性交容疑で逮捕された俳優の新井浩文容疑者(40)。

 警視庁は捜査に慎重を期すため21日まで勾留を延長。所属事務所も契約解除となり、今後はお蔵入りになった作品について莫大な損害賠償を求められることになるが、新井については俳優仲間からも素行の悪さを危ぶむ声が上がっていたという。芸能関係者が語る。

「小栗旬をリーダーとする小栗会という俳優仲間の集いがあるのは有名ですが、もともとは小栗と同世代である藤原竜也、山田孝之、松本潤、鈴木亮平、瑛太ら1982~83年生まれが中心。そこになぜか79年生まれの新井が合流してきて、リーダーである小栗よりも存在感を示していたんです。新井は酔うと乱暴になる癖があるだけに、みんな思うところがあったが先輩だけに何も言えない。頼みの小栗も『新井くんは怖い』と距離を置いていて、新井の酒癖の悪さなどは見て見ぬふりをしていたんです。唯一メンバーで新井より年上だったのはムロツヨシ。でも彼じゃナメられるばかりで、新井が暴走したら止めることなんかできません」

 二度と共演することはないだろうが、後味の悪さだけが残る事件である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る