井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

震災から8年…避難先の皆さん、たまには映画で気晴らしを

公開日: 更新日:

 東日本大震災から8年経ったが、誰も心の痛みと絶望感は決して消えるものではない。被災地の人々だけでない。我ら、東京に住む人間の心も晴れやしない。福島の原発が水素爆発したニュース映像を見せられた時、鳥肌立って恐怖にかられ、どこに逃亡したらいいのか、パニックになったのを思い出す。今でも壊れたままの原子炉内部はどうなんだ? 安心など出来るわけがない。しかし、政府と東京都だけがオリンピック開催に躍起になって「おもてなし」の支度に追われて浮かれている。ふざけやがって。たった何週間かの祭りより、被災地のためにすることがあるだろうが。

 避難したままの人たちがまだ5万人以上いる。危険極まりない所になど帰れやしないのだ。そんな人たちのせめて気晴らしになればと思い、面白い映画を並べてみた。実はこれらは数年前から「関西ウォーカー」の連載で取り上げてきた「井筒和幸監督の昔の映画は良かったなぁ。」の映画群だ。今月いっぱいで連載が終わってしまうので紹介したい。しばし、時を忘れられるなら本望です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  5. 5

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  6. 6

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る