井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

平成ももうじき終わるとのに、歯がゆさと絶句ばかりなり

公開日: 更新日:

 外交の歯がゆいこと。北朝鮮の兄ちゃんもトランプも、わざわざベトナムくんだりまで行って、何をブザマな話し合いをしたんだか。世界中の期待を背負って会談するぐらい分かってたんだろうが。拙いだけの互いの我の張り合いだけだった。

 金正恩の兄ちゃんも兄ちゃんだ。やっぱり若いだけか。もっとデーンと構えて臨めなかったのかと思う。核兵器を製造する施設が1カ所じゃないくらい、アメリカにとっくに見破られてるんだから「全部壊して閉じるようにしますから」って普通に言えばいいじゃないか。「1カ所だけ潰します」なんてセコイ条件付けて、それで制裁を全部解除してくれなんて相手にものを頼む姿勢からして外れまくってるぞ。今さら何をおじけづいてんだと言いたい。恐れずに前に向かうつもりじゃなかったのか。人民を恐怖で支配する独裁体制なんか敷いたままじゃ、国の将来に何の得にもならないと、1回目の会談でなんで分からなかったのか。パッチギ監督としては実に悲しかった。何事にも「パッチギ」(ぶち当たる、困難を乗り越えるという意味)をアンタらこそ考え直して、米国に誠実に答えてやらないことには平和条約も何も進むわけがないのだ。疑心暗鬼など捨てて、もう少し心を開いて、トランプのおっさんに「核工場は順番に解体していくし、リストも全部出すから、だから制裁事項も順番に少しずつでいいから解除してくれ」と素直に言えないのか不思議だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  7. 7

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  8. 8

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

もっと見る