香取慎吾が日本初個展で見せた“社会の窓”とむき出しの自分

公開日: 更新日:

 元SMAPの香取慎吾"画伯"(42)の日本での初個展が開催され、ファンを中心に話題となっている。その名も「サントリー オールフリーpresents BOUM!BOUM!BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展」(~6月16日)。BOUM(ブン)は仏語でドキドキという心臓の鼓動を指すが、無論、動悸や息切れを謳ったわけでない。いつもドキドキして興奮冷めやらぬ画伯自身の体内が主なコンセプトだという意思表示である。

 本個展の目玉は、国内唯一の回転劇場「IHIステージアラウンド東京」(江東区豊洲)というロケーションを生かした映像作品だ。1日計9回の開演時間が設定され、各回120分の入れ替え制。1公演350人の入場制限を設けているというから、さながらアミューズメントショーか。

 実際に会場を訪れた記者は、まず湾曲したスクリーンに客席の回転という三次元の要素を取り入れた画期的な映像表現に驚いた。「芸術とはなにか?」という問いかけから始まり、自分の存在自体と向き合う葛藤や、それを突き抜けようとする意思が強く表れており、初っ端から「香取慎吾アーティスト宣言」を見せつけられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

もっと見る