香取慎吾が日本初個展で見せた“社会の窓”とむき出しの自分

公開日: 更新日:

 元SMAPの香取慎吾"画伯"(42)の日本での初個展が開催され、ファンを中心に話題となっている。その名も「サントリー オールフリーpresents BOUM!BOUM!BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展」(~6月16日)。BOUM(ブン)は仏語でドキドキという心臓の鼓動を指すが、無論、動悸や息切れを謳ったわけでない。いつもドキドキして興奮冷めやらぬ画伯自身の体内が主なコンセプトだという意思表示である。

 本個展の目玉は、国内唯一の回転劇場「IHIステージアラウンド東京」(江東区豊洲)というロケーションを生かした映像作品だ。1日計9回の開演時間が設定され、各回120分の入れ替え制。1公演350人の入場制限を設けているというから、さながらアミューズメントショーか。

 実際に会場を訪れた記者は、まず湾曲したスクリーンに客席の回転という三次元の要素を取り入れた画期的な映像表現に驚いた。「芸術とはなにか?」という問いかけから始まり、自分の存在自体と向き合う葛藤や、それを突き抜けようとする意思が強く表れており、初っ端から「香取慎吾アーティスト宣言」を見せつけられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る