萩原健一さんが明かしていた“ショーケン”の由来と芸名秘話

公開日: 更新日:

梨元 その頃から「ショーケン」と呼ばれていたんだ。本名は「健一」とは違うんじゃなかった?

萩原 本名は「萩原敬三」。だから家では「敬ちゃん」とか「敬坊」と呼ばれていたんだけど、不良仲間内ではみんな「ショーケン」。 

梨元 どうして? 

萩原 その朝鮮高校の番長の下の名前が「憲」といってね。「ダイケン」と呼ばれていて、ボクはその弟分的な感じで見られていたから「ショーケン」と。他の中学の番長で「チューケン」と呼ばれていたヤツもいた。 

梨元 そのダイケンに指名されたって、それまで歌ったことはあったのかな。練習してたとか? 

萩原 いや、まったくなかった。それこそイヤでイヤでね。でも、断るわけにはいかない。もうやけくそ。ビートルズの「マネー」とアニマルズの「悲しき願い」を歌った。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  4. 4

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  7. 7

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  8. 8

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  9. 9

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る