大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

故井上堯之氏は映画史上屈指の名曲を遺した“異端の音楽家”

公開日:

 グループサウンズの代表的なバンドであったスパイダースの元メンバーにしてミュージシャンの井上堯之さんが2日、亡くなった。享年77。筆者はグループサウンズの大ファンで、10代の前半から彼らのサウンドをむさぼるように聴いていた世代だ。

 グループサウンズ全盛時、実のところメインボーカルではない井上さんの印象は強くなかった。ただ後年になり、テレビドラマや映画の音楽で頭角を現したころから、彼の存在がどんどん大きくなっていった。

 映画音楽の極め付きは「青春の蹉跌」(74年)と「アフリカの光」(75年)だろう。どちらも萩原健一が主役だ。当時のショーケンは時代の寵児だった。ぼそぼそっとしたしゃべくり、世をすねたようなとっぴな行動、そして、ぶっきらぼうな女との関わり方。すべて、格好が良かった。

 そんなショーケンの背後に流れるのが、井上さんの音楽だった。これが見事にショーケンの立ち居振る舞いにフィットしていた。「アフリカの光」のエンディング、ギターソロから入る物悲しくも力強い音質は、映画史上屈指の名曲といっても過言ではない。井上さんの楽曲は覚えやすくリズミカルで、作品をとにかく光り輝かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る