フジ担当番組は低迷…加藤綾子「ビジネス書」出版は余裕か

公開日: 更新日:

 同書は、加藤がこれまでに出会った著名人から得た会話のヒントについて伝えるもので、明石家さんま、タモリ、阿川佐和子ら、会話のプロとのエピソードが紹介されているという。

「本業はキャスターのはずだが、副業をこなすだけまだ余裕があるのでしょう。危機感はまだないようですが、数字が伸びないと半年で降板もあり得る」(前出の関係者)

 フジの宮内社長は、長らく続く視聴率低迷は底を打ったと宣言。帯番組を担当するカトパンの責任は重大だけに、さんまからは話術よりも視聴率アップの極意を伝授してもらったほうがよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  6. 6

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  7. 7

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る