桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

カトパンの相槌は軽すぎる 新MCの初日を辛口チェック

公開日: 更新日:

 新年度で一部ニュース番組がかわり、新キャスターが登場した。中でも注目はテレビ朝日系「大下容子ワイド!スクランブル」の大下容子、フジテレビ系「Live News it!」の加藤綾子、「Live News α」の三田友梨佳。

 日本テレビ系「news zero」の有働由美子の苦戦を横目に、大枚はたいて他局から鳴り物入りで引っ張ってきて失敗するより、自局で賄おうという算段なのか。これ以外にも「ZIP!」(同)の総合司会に徳島えりかを起用するなど自局アナの活用が目立つ。カトパンはフリーだが、古巣だ。

 1日は新元号の発表と重なり、テレビはどこも特番を組んだ。フジはさっそく特番の司会にカトパンを起用。新番組スタートの前に特番の司会をさせるフジもフジ。よっぽどカトパンを信頼しているか、よっぽどの人材不足か。確か、忙し過ぎてフジを辞めたはずじゃなかった? 早くも酷使され、カトパンのメンタルが心配になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る