「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

公開日: 更新日:

《平成も…もうすぐ…おわって…しまいますねぇー!!!》

 中森明菜(53)がファンクラブ会員向けの会報で、このほどそんなメッセージをファン宛てに送った。便箋に直筆で心境がつづられており、

《あたしは…昭和の人間ですが…この平成のうちに…なにかしら…やって…おきたいなど…みなさんは、あるのかナぁ――…!?》

 そう問いかけた後、文面はこう続いている。

《あたしは…あまり…そういうのには…心…動かないので…んん…なんとも…とぉっ!!いっても…なんだか…さみしいですぅ!》

 明菜が2016年から2年連続で開催していたディナーショーは、昨年行われなかった。免疫力低下で体調を崩し、長らく遠ざかっていた芸能活動を再始動し、NHK紅白歌合戦に出たのが2014年。17年にはデビュー35周年を記念したオリジナルアルバムをリリースし、ホールでのコンサートをと期待されていたが、それも頓挫している。さみしいのは平成が終わることなのか、それとも、明菜自身のことなのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る