「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

公開日: 更新日:

《平成も…もうすぐ…おわって…しまいますねぇー!!!》

 中森明菜(53)がファンクラブ会員向けの会報で、このほどそんなメッセージをファン宛てに送った。便箋に直筆で心境がつづられており、

《あたしは…昭和の人間ですが…この平成のうちに…なにかしら…やって…おきたいなど…みなさんは、あるのかナぁ――…!?》

 そう問いかけた後、文面はこう続いている。

《あたしは…あまり…そういうのには…心…動かないので…んん…なんとも…とぉっ!!いっても…なんだか…さみしいですぅ!》

 明菜が2016年から2年連続で開催していたディナーショーは、昨年行われなかった。免疫力低下で体調を崩し、長らく遠ざかっていた芸能活動を再始動し、NHK紅白歌合戦に出たのが2014年。17年にはデビュー35周年を記念したオリジナルアルバムをリリースし、ホールでのコンサートをと期待されていたが、それも頓挫している。さみしいのは平成が終わることなのか、それとも、明菜自身のことなのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る