“実売部数”公表で炎上の幻冬舎社長がツイッター終了宣言

公開日: 更新日:

 幻冬舎の見城徹社長(68)が20日未明、突然ツイッターを終了する意思を明らかにした。

 見城氏は16日、文庫本の出版取りやめを巡って主張が対立していた作家の津原泰水さんの同社における本の実売部数をツイート。多くの作家らから批判を受けるなど、大炎上した。翌日に謝罪した上で問題のツイートを削除したが、その後も批判が殺到していた。

 19日はクラシック音楽に関する投稿をしていたが、午後11時すぎになって突然、「皆さん、今まで有難うございました」とツイート。さらにきょう午前0時1分、「僕のツイートはこれにて終了します」とツイッターの終了を宣言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る