取引先と距離縮める接待上手“夜のコンシェルジュ”を目指す

公開日: 更新日:

 年度替わりのこの時期は、仕事の区切りで接待する機会が増える。相手を気持ちよくもてなすことができれば、取引先との距離がグンと縮まり、職場のムードが弾むだろう。試されるのは、コンシェルジュのような立ち回り、それも夜の街を得意とする“夜のコンシェルジュ”だ。

 SBIモーゲージ・元取締役執行役員常務・横山信治氏は国内外の金融幹部はじめ、金融庁や国土交通省の部長クラスらとの接待を重ねてきた。宴席で仕事の話をしないのが基本だ。

「接待相手は立場のある人で、過剰な接待やロコツな仕事の話は警戒されます。特に官僚は、その傾向が強い。だから、プライベートな会話を中心に、相手への感謝の気持ちを伝えることに徹します。とにかく打ち解けた雰囲気が大切。セッティングのときは、相手の好みと店の雰囲気を重視しました」(横山信治氏)


 接待の達人とされる幻冬舎の見城徹社長は、雑誌のインタビューで「接待で仕事がまとまるなら、こんなに簡単なことはない。相手に小さな貸しをつくって、それが20、30と積み重なったとき、ひとつだけ頼みごとをする。そうすれば相手は断れない」と語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る