“バイトの悪ふざけ”でこりごり…企業は「炎上対策」どうしてる?

公開日:  更新日:

 アルバイトや若手社員による“おバカ”ツイートが相次いだ一年。最近は沈静化したとはいえ、「いつかはわが社も…」とキモを冷やす企業は、炎上対策に血道を上げている。PR会社やコンサル会社も、今がビジネスチャンスと「炎上防止セミナー」の売り込みに躍起だ。

 ところが効果はイマイチ。炎上防止どころか、火種やマッチポンプになりかねない研修も平然と行われている。

 例えば、ある食品会社は、一連の炎上騒ぎの後、コンサル会社のアドバイスで、社員のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を原則禁止にした。“原則”というのは、ツイッターやフェイスブックの個人プロフィル欄で勤務会社を明かさず、会社のこともつぶやかなければ、OKだということ。

 社員のプライバシーに配慮した企業の苦肉の策だが、これには落とし穴がある。ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る