“バイトの悪ふざけ”でこりごり…企業は「炎上対策」どうしてる?

公開日: 更新日:

 アルバイトや若手社員による“おバカ”ツイートが相次いだ一年。最近は沈静化したとはいえ、「いつかはわが社も…」とキモを冷やす企業は、炎上対策に血道を上げている。PR会社やコンサル会社も、今がビジネスチャンスと「炎上防止セミナー」の売り込みに躍起だ。

 ところが効果はイマイチ。炎上防止どころか、火種やマッチポンプになりかねない研修も平然と行われている。

 例えば、ある食品会社は、一連の炎上騒ぎの後、コンサル会社のアドバイスで、社員のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を原則禁止にした。“原則”というのは、ツイッターやフェイスブックの個人プロフィル欄で勤務会社を明かさず、会社のこともつぶやかなければ、OKだということ。

 社員のプライバシーに配慮した企業の苦肉の策だが、これには落とし穴がある。ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る