炎上騒ぎで“億”の損害 今どき「バカッター社員」の管理法

公開日: 更新日:

「バカな社員のせいで……」と笑っちゃいられない。若手社員やアルバイトが軽い気持ちでツイッターに投稿して、炎上する騒ぎが続いている。大人の常識は通用しない。上司として、どうやって未然に防ぐか。

 つい先日は、山本耕史と堀北真希夫妻に「35万円の物件を紹介した」とツイートしたセンチュリー21の関連会社の女性社員がいた。その代償としてネット住民に散々罵倒され、実名や写真などをさらされる“公開処刑”に発展。騒動から6日後の14日には、会社が謝罪したが、その翌日から株価は右肩下がりで、14日高値から最大6%下落した。「バカッター社員」が会社のイメージをメタメタにしたのだ。

 昨年は、りそな銀行の女性行員が、複数の芸能人顧客の個人情報を20歳の娘に伝え、娘が「母は西島秀俊さんの免許証の顔写真のコピーとってきた笑」「~お父さんの遺産手続きの為に~中居くんとマネきたらしいよ」などと投稿。クーデター騒動で揺れるSMAPの中居正広も“被害者”だったわけだ。ハタチの娘の母といえば40代か。母子ともに常識がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る