井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

カネで政治家になれても俳優になれるわけがない理由とは…

公開日: 更新日:

 日本にそんな俳優モドキしか育たないのには訳がある。どこの国立大学にも演劇理論やメソッドを教える科目が全くないのも理由の一つだ。その代わり、東京や地方に演技専門学校はいくつもあるが、その辺ではプロへの道は遠い。でも、どんな軽はずみな動機だろうと、俳優になりたい若者があふれている。ロクな就職口が見つからない現実がそんな淡い夢を余計に追い立てる。そこで、そんな若者をうまく釣り上げて儲けてる芸能プロが都心に多い。あるプロダクションなんて「貴方も明日の○○になろう!」と詐欺同然の釣り文句で2年間のワークショップを勧誘する。年間レッスン料は100万円とか。別の芸能プロも初年で70万円だ。俳優で食えるようになるまで5年間通わされ、年々の費用は安くなったものの計400万円払わされた若者がたくさんいたとか。その誰もがまだ今もアルバイト人生のままだ。

 最近はさらに露骨な勧誘が目立つ。ネットならではの夢のお誘いだ。「新人オーディション簡単登録0円。30秒で貴方はスクリーンデビュー」と銘打っている。30秒でどうしてデビューできるのか。さらにのぞいていくと、最後に細かい字で「特定商取引」とある。クリックすると「販売価格」などと記している。何を販売するつもりだ。カネを取るだけ取って、夢を抱かせる話だけの芸能プロが増えている。カネで政治家になれても、俳優になれるわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  5. 5

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  6. 6

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  7. 7

    義憤に駆られ…児童400人の給食代を肩代わりした男性に喝采

  8. 8

    美空ひばりのAI頼み…NHK紅白が令和元年に迎えた“往生際”

  9. 9

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る