井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

カネで政治家になれても俳優になれるわけがない理由とは…

公開日: 更新日:

 国会勤めの小チンピラ議員め、「北方領土を取り戻すには戦争しかない」とアホ丸出し発言をしときながら、憲法の理念から逸脱してないなどと平気でヌカしていた。あの小チンピラ、どの面下げてそんな戯(たわ)けたことを言い続けるつもりか。憲法理念に逆らうヤカラに議員資格はないのだ。猛省を促す「けん責決議案」を出したとか。与党もふざけてやがる。そんなヤカラに我らは税金から給料を払ってやるつもりはない。国会よ、すぐに議員を辞めさせろ。

 飛び込んでくるニュースにロクなものがない。昼のワイドショーもネタ切れか、ちょっとしたことがあっただけでもその人間の裏の生活まで探り回って嗅ぎつけて。あの皇室の婚約者の男子も留学先のアメリカまで追われて可哀想なものだ。そっとしといてやればいいのにと我らもテレビに出演してる時に何度も思ったことだ。でもワイドショーはどこの局もまるで“人民裁判”を続ける。“公開処刑”に近いものまであるぞ。しょせん、電気代だけで見られる地上波のテレビショーだが、ゲスなネタばかりになっている。先日も、ぽっと出の頭の回転の悪そうな若い俳優モドキが、もう何回と見てきたような北海道の自然に触れる旅番組で、霧に包まれた山々を見て「やっぱり自然はすごいな」と。救いようのないアホなコメントを呟いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る