井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

労働時間を規制されてしまってはロクな作品が生まれない

公開日: 更新日:

 GWの10連休などどこ吹く風のように、我らは新作映画の仕上げ作業でダビングスタジオに日参していた。無駄なカネを使うこともなく、好きなことに没頭できたのがよかった。しかし、世の中、昔と変わってしまって、「働き方改革」という厄介な一般労働システムにこっちまで迎合しなければならないのが一番、しゃくに障った。

 元来、映画屋なんていう特殊な職種は、9時から5時まで労働なんてものとは何の関わりもなかったのに、それがそうもいかなくなっていて、スタジオに常勤するサウンドエンジニアたちだけは新たに改革された定時間労働を順守せざるを得ず、時間に何の規定も制約もなかった我らフリーランスの映画人が、スタジオのサラリーマン的な拘束時間に合わせてやらなければならなくなり「よっし、今夜は終電もヘチマもないぞ。牛丼食って夜明けまで頑張ろうぜ」とはいかなくなってしまったのだ。

 映画人やミュージシャンに“働き方改革”は通用するわけがない。労働時間を規制されてしまってはロクな作品が生まれやしないのだ。スタジオに常勤する月給スタッフに合わせなければならない理不尽な改革こそ、明日の日本映画をダメにしてしまうのだ。いや、人間をダメにしてしまう。誰にでも働き方を押しつけるな。生き方まで変えさせられてはたまったもんじゃないのだ。今までに、徹夜作業を続けて自殺した映画人は聞いたことがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る