井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

“復興五輪”はデタラメだった…もう止められないのが悔しい

公開日: 更新日:

「安物買いの銭失い」はこのGW10連休のことだ。休み果てて疲れ果てた大勢の人がロクに満足感も得られず、暗く落ちこんだ顔で会社や学校に戻っている。この不況、庶民は近場にカネをケチって行楽に出かけたが、実はロクな行楽もできず交通渋滞に疲れながら戻ってきたからだ。人のすいた都内で過ごした方がなんぼかせいせいした。

 でも、宅配便トラックやタクシーのあちこちに、「東京2020をみんなで成功させよう」ステッカーが貼られてる。なんで皆でさせなきゃならないのか? それが目に付くだけで腹が立つ。東京五輪開催には今も大反対だ。招致に絡む会長らの浅ましい買収疑惑が出たままだし、新競技場の建設では近くの住民たちや野宿者(ホームレス)が立ち退きを強制させられた。人を追い払ってまでして開かなきゃならない祭りなのか、甚だ疑問だ。

 我らの税金で賄賂を払って、誰が何の得になるのか、それがまったく分からない。都心から離れた飲み屋で山形名物のイモ煮を食いながら、店主にそう言うと、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    秋ドラマ注目の若手女優5人を美少女・女優評論家が選ぶ

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る