井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

大統領選もひっくり返すSNSのフェイク情報を取り締まれ

公開日: 更新日:

 JR東日本が新幹線などでホットコーヒーの車内販売は7月からやめますと。乗車前に飲み物を買い込む客が増えたから売り上げが減ったとか。確かに、何度も買ったが、まずかったのも否めないが。北陸新幹線も弁当、サンドイッチ、おみやげの車内販売をやめる。買い込まなかったら何も食えないのか。何でも売り上げ競争。旅のお供もヘッタクレもない。ストレスと旅をさせる気か。

 でも地方に行くと「東京2020を成功させよう」とは騒いでなかったので安心した。五輪に興味がない人にはほんとに大迷惑。裏でどんなやつらが金に釣られて動いてるのか分かったもんじゃなし、経済効果も大ウソだ。オレら庶民に金は回ってこないし、庶民の暮らしに何の得もないだろう。

 終わった途端にモノは売れなくなるし、一瞬、大企業がGDP(テメエらの利益)を押し上げるだけで、ほとんどのクソ企業が貯め置く留保金に化けるだけだ。さらに不景気が襲ってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る