井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

大統領選もひっくり返すSNSのフェイク情報を取り締まれ

公開日: 更新日:

 JR東日本が新幹線などでホットコーヒーの車内販売は7月からやめますと。乗車前に飲み物を買い込む客が増えたから売り上げが減ったとか。確かに、何度も買ったが、まずかったのも否めないが。北陸新幹線も弁当、サンドイッチ、おみやげの車内販売をやめる。買い込まなかったら何も食えないのか。何でも売り上げ競争。旅のお供もヘッタクレもない。ストレスと旅をさせる気か。

 でも地方に行くと「東京2020を成功させよう」とは騒いでなかったので安心した。五輪に興味がない人にはほんとに大迷惑。裏でどんなやつらが金に釣られて動いてるのか分かったもんじゃなし、経済効果も大ウソだ。オレら庶民に金は回ってこないし、庶民の暮らしに何の得もないだろう。

 終わった途端にモノは売れなくなるし、一瞬、大企業がGDP(テメエらの利益)を押し上げるだけで、ほとんどのクソ企業が貯め置く留保金に化けるだけだ。さらに不景気が襲ってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る