城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

“100点満点”謝罪会見の原田龍二を待ち受ける笑えない前途

公開日: 更新日:

 俳優の原田龍二(48)が“文春砲”で「4WD車内不倫デート」を暴露され、翌日に謝罪会見を行った。

 この会見、なかなか評判が良かった。全体的に見て、原田のマスコミ対応は満点に近いものだったと思う。

 しかし、それでも彼の前途には大きな問題があるようだ。複数のファンとSNSで自分から接触し、浮気を繰り返した。それも、もっぱら自分で運転する車の中で“密会”するだけというものだった。当然ながら、マスコミの問い合わせが殺到したのだが、所属事務所はすぐに記者会見することを明言した。

 会見当日は東京ローカルのMXテレビのレギュラー生番組に出演。その足で会見場に立ったわけだが、生番組に先に出ていたことに大きな意味があった。

 情報番組だからスキャンダルも扱うので、自身の不倫ネタも当然取り上げ、共演者からイジられまくった。週刊文春の記事まで読み上げさせられて、「こんな拷問ってあるんですね」とコメントしていた。自分の番組で優先して話したことで降板や休演などのペナルティーはなく、通常通り出演は継続となってレギュラー番組を守った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る