二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

原田龍二は謝罪会見で傷口拡大 詰めを誤ったその言動とは

公開日: 更新日:

 ドラマ界は1話完結が主流になっているが、芸能ニュースでも時には1回の報道で完結がある。

「文春砲」が芸人・千原せいじ(49)に続き俳優の原田龍二(48)の不倫を詳細に報じた。不倫の内容は異なるが両者に共通しているのが文春の直撃に事実を認め、素直に腰を据えて応じていること。つけ加えれば、千原の「モテてもうたんやって」の言葉通り、原田もモテ期だったこと。それでも認めて洗いざらい話したことで不倫話は完結している。

 昨年までの一連の不倫報道ではありえなかった対応だった。大半の人は認めないか、無視を決め込む。時の流れが忘れてくれることを得策とする傾向にあるが、山尾志桜里議員のように不審な動きをすれば、「不倫」の2文字は再び蘇り、ダメージは広がる。

 事実を積み重ねた不倫報道に言い訳は通用しないことを先人に学んだのか、風向きが変わってきた。くだんの2人は一報で素直に認めた。その時点で話は完結。他のメディアが後追いする余地などほとんどない。原田もそこまでの危機対応はできていたが、後がいただけない。自ら墓穴を掘った感は否めない――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る