"完全ノーガード"二階堂ふみを朝ドラに NHKに3つの違和感

公開日: 更新日:

 来春スタートする窪田正孝主演のNHK朝ドラ「エール」のヒロイン役を二階堂ふみ(24)が務めることが明らかにされた。この作品のモデルは「六甲おろし」などの応援歌を作曲した作曲家・古関裕而氏。二階堂は、その妻で歌手の関内音役を演じる。

 今回は2802人の中から熾烈なオーディションの末に二階堂のヒロイン役が決まったそうだ。NHKの上田良一会長は「実力、キャリアとも素晴らしい。大変期待している」と語ったが、今回のキャスティングの経緯や二階堂の起用に違和感を覚えている芸能記者も少なくないようだ。理由は少なくとも3つある。

 まずはオーディションで出演が決まったという点だ。二階堂は昨年の大河ドラマ「西郷どん」で主人公の妻役を演じ、ハラリと着物を脱ぐ“ヌードシーン”が話題になった。NHKがそんな“貢献者”を一般人と競わせるものだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る