“王道”テレ朝に抵抗する フジ来期連ドラ火9&木10の吉と凶

公開日: 更新日:

 4月クールの連ドラも終盤戦。視聴率上位を見ると、天海祐希主演の「緊急取調室(第3シーズン)」(木曜夜9時~)を筆頭に、「特捜9(第2シーズン)」(水曜夜9時~)、「科捜研の女(第19シーズン)」(木曜夜8時~)と、テレビ朝日勢がいずれも平均12%超でトップ3を独占している。

「1話完結、事件もの、そして実績あるシリーズもの。それを揃えられるのがテレ朝の強み。今、リアルタイムでテレビに向かう層が求めるものがそこにあるということです」(広告代理店関係者)

 上位陣に割って入ろうというのがフジテレビの“月9”「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」。軒並み視聴率を下げたGW中の第4話を除けば2ケタをキープしている。17日の最終回の数字次第では、トップ3に食い込む可能性も出てきた。低迷がささやかれていた月9だが、これで4期連続2ケタと安定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る