“王道”テレ朝に抵抗する フジ来期連ドラ火9&木10の吉と凶

公開日: 更新日:

 4月クールの連ドラも終盤戦。視聴率上位を見ると、天海祐希主演の「緊急取調室(第3シーズン)」(木曜夜9時~)を筆頭に、「特捜9(第2シーズン)」(水曜夜9時~)、「科捜研の女(第19シーズン)」(木曜夜8時~)と、テレビ朝日勢がいずれも平均12%超でトップ3を独占している。

「1話完結、事件もの、そして実績あるシリーズもの。それを揃えられるのがテレ朝の強み。今、リアルタイムでテレビに向かう層が求めるものがそこにあるということです」(広告代理店関係者)

 上位陣に割って入ろうというのがフジテレビの“月9”「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」。軒並み視聴率を下げたGW中の第4話を除けば2ケタをキープしている。17日の最終回の数字次第では、トップ3に食い込む可能性も出てきた。低迷がささやかれていた月9だが、これで4期連続2ケタと安定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る