制作費10年で30%減…断トツでコストカットに奔走するフジ

公開日:  更新日:

 在京キー局の2018年度上半期の決算書から読み解くテレビ局の実態。第2弾は番組制作費にスポットを当てる。コストカットが叫ばれる昨今だが、売り物である商品のクオリティーに直結する重要な支出だけにあの手この手で“現状維持”を画策する局が多い中、フジテレビだけが削減を断行している。

 地上波の各テレビ局は、年間800億~1000億円程度の資金を番組制作に費やしている。低予算の代名詞でお馴染みのテレビ東京は、その2分の1程度の制作費で番組をこしらえてはいるのだが……。またTBSだけは独自路線。決算資料の項目も「番組制作費」ではなく「番組原価」と表記し、「間接費」として社員の人件費や放送に関わるインフラのコストの減価償却費など事細かく叩き出し、オンしている。よって、他の4局とは単純比較できない。

 別表を見て、ひときわ目立つのはフジの削減ぶりだ。17年度上半期には408億円の番組制作費を投じていたが、今年度は22億円を圧縮し、385億円に。削減率は5・5%である。この数字が何を意味するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る