小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

気象予報士の依田司は視聴者目線の親しみやすい会話がいい

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

 テレビ朝日系、朝の情報番組「グッド!モーニング」の気象コーナーは、データ放送機能を生かした視聴者との双方向性が特徴だ。それを支えているのがウェザーニューズ所属の依田司(52)。

 例えば、7時台恒例の色ボタンで答えてもらうコーナー。16日は梅雨に関する問題で「日本以外にもある」「入りが早いと明けも早い」「江戸時代にはなかった」のうち正解はどれか。依田が正答を発表するのは、天気や気温、1週間の予報などを伝えた後。正しいのは「日本以外にもある」で長野県上田市の前山寺から中継していた依田は梅雨前線を描いた地図をもとに「中国や韓国にもあります」と解説した。

 寺に咲き誇るツツジが見事で、5時台にはカメラが三重塔とのコラボレーションを映し出したところで「(ここは)信州の鎌倉とも称されています」と視聴者の雑学吸収欲を刺激した。

 前日15日は横浜市の山下公園から中継。同公園には1900本のバラが咲いていることから5時台に「バラといえば次のうち何を思い出すか」と問いかけた。<トゲ、プロポーズ、ベルサイユ、百万本>の中で50%と圧倒したのがトゲで、ベルサイユ22%、百万本18%と続きプロポーズはわずか9%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る