結局は離婚…たけしに振り回された芸能メディアの脱力感

公開日: 更新日:

 あるスポーツ紙の芸能担当デスクは「結局、離婚かよ」とボヤく。

 日刊スポーツなどが12日に報じたビートたけし(72)の離婚。40年近く連れ添った幹子さん(68)とお互いに弁護士を立てて以前から協議を続けていたが、5月に離婚が成立したという。

「週刊文春が2014年に〈世界のキタノ 離婚決意!〉と報じてから、離婚の噂は絶えませんでした。18年11月には、女性自身が『春先に、たけしさんサイドが離婚調停の申し立てをした』という関係者の証言を掲載。それもあって、今年の元日にスポニチが大々的に離婚調停のニュースを報じた時は、業界内も『いよいよか』と色めき立ったのです」(前出の芸能担当デスク)

 ところが、たけしの所属事務所関係者が即座に「調停うんぬんということはまったくありません」と否定。わずか2日後の1月3日に、スポニチは〈たけしさんが調停を申し出た事実はありませんでした。おわびして訂正します〉と掲載した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る