東大出身者の入門が大きな話題 落語家に“学歴”は必要か?

公開日: 更新日:

 この連載始まってからいろんな知り合いに声をかけていただくと、「実はこの人もゲンダイ読者!?」と発見がありますね。どうも、ゲンダイ購読歴27年の三遊亭鬼丸です。

 ところで我が落語協会にも東大出身の弟子が入門してきたそうです。芸術協会にはすでに昇太師匠の弟子にいるんですが。その昔(30年以上前)にも東大出身の入門志願が来て、その師匠が「東大出てまでやる仕事かよく考えなさい」と言ったところ、次の日に「よく考えましたらやらない方がいいと思いました」と言ってきて、「やっぱり東大出は頭が良いから一晩考えただけでこの仕事やらない方がいいのがわかるんだねぇ、それに比べて俺たちは頭が悪いからいまだに気がつかないで続けちゃってるよ」なんて逸話が残ってます。

 頭が良いか悪いかは別にして落語家にとって学歴が必要かどうかについて考えますと、あればあったで邪魔にはならないけど、なきゃないで困らないというのが結論でしょうか。邪魔にならないというのは、東大出てればそれだけで話題にはなりますし、学歴のある同窓生がいると、そいつらはそれなりに偉くなって、それなりの立場になったときにいいお仕事をくれる場合があるので。大学じゃなくても地元の名門高校を出ておくと、周りが勝手に偉くなってくれるので後々結構いいみたいですよ。ただし学歴がなくたって芸さえあればなんとかなるのもこの商売。まず落語家同士の学閥はあまり聞きませんね。個人商売なんで。あと、ろくに字が書けない師匠も昔は随分といたみたいですが、とはいえ名人ともなれば地頭は良いはずですから、話すとスゴく賢く見えたりしますよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る