この噺家で聴き初め 評論家が厳選「落語界二つ目」成長株

公開日:

 イキのいい二つ目が群雄割拠する東京の落語界。寄席や落語会にふらりと足を運び、「これだ!」と思う落語家を探すのも、楽しみのひとつ。ここに登場する5人、聴きながらその成長を楽しみにしたい芸人だ。

 2017年の「NHK新人落語大賞」を獲得した三遊亭歌太郎(35)。競艇選手になりたかったという変わり種で、エンジンをコツコツいじる競艇選手も、古典落語というネタをひとりで稽古してしゃべる落語家も、全部自分でやるという共通項を持つ。

 NHKでは「磯の鮑」をかけたが、「居残り佐平次」や「寝床」「文七元結」など持ちネタの間口が広い。口跡のよさ同様、マスクも甘く、それでいてどこかに無頼のにおいを漂わせていて、どうにも魅力的な存在だ。狙うポジションは、「他の芸人の間に入って、実は凄いプレーをする芸人」。どんな落語会でも寄席でも、他の出演者の邪魔をせずに、自分を輝かせる。そんな芸人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る