• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

この噺家で聴き初め 評論家が厳選「落語界二つ目」成長株

 イキのいい二つ目が群雄割拠する東京の落語界。寄席や落語会にふらりと足を運び、「これだ!」と思う落語家を探すのも、楽しみのひとつ。ここに登場する5人、聴きながらその成長を楽しみにしたい芸人だ。

 2017年の「NHK新人落語大賞」を獲得した三遊亭歌太郎(35)。競艇選手になりたかったという変わり種で、エンジンをコツコツいじる競艇選手も、古典落語というネタをひとりで稽古してしゃべる落語家も、全部自分でやるという共通項を持つ。

 NHKでは「磯の鮑」をかけたが、「居残り佐平次」や「寝床」「文七元結」など持ちネタの間口が広い。口跡のよさ同様、マスクも甘く、それでいてどこかに無頼のにおいを漂わせていて、どうにも魅力的な存在だ。狙うポジションは、「他の芸人の間に入って、実は凄いプレーをする芸人」。どんな落語会でも寄席でも、他の出演者の邪魔をせずに、自分を輝かせる。そんな芸人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る