ドラマも好演 安藤なつ“圧倒的肉体”を笑いに変換する知性

公開日:  更新日:

 2015年にM―1グランプリで決勝に進んで注目されたメイプル超合金は、テレビへの露出機会も増えて一気にブレークした。しかし、これまでは高学歴芸人のカズレーザーに注目が集まっていたが、このところ安藤なつのソロ活動が目立ってきた。

 トークでは9月22日、テレビ朝日系の特番「さんま&コンプレックス芸能人レジェンド軍団SP!」に、おデブチームの一員として出演。トイレの個室での苦労話で大受けし、彦摩呂らと“大食い”の店を訪れての食リポも堂に入っていた。

 何より存在感を示したのがドラマだ。日本テレビ系深夜ドラマ「脳にスマホが埋められた!」では新川優愛の友人役として、重要な役柄を好演した。

「実は安藤は女優としての実績がある。コンビ結成前の06年には山下智久主演のTBS系ドラマ『クロサギ』に出演。14年のNHK・BSプレミアムドラマ『ナンシー関のいた17年』では主役のナンシー関になりきって高い評価を受けました。昨年もテレビ東京系の連ドラ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』で主役を張った。『カンナさーん!』の渡辺直美に続く存在だと認識されています」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る