• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマも好演 安藤なつ“圧倒的肉体”を笑いに変換する知性

 2015年にM―1グランプリで決勝に進んで注目されたメイプル超合金は、テレビへの露出機会も増えて一気にブレークした。しかし、これまでは高学歴芸人のカズレーザーに注目が集まっていたが、このところ安藤なつのソロ活動が目立ってきた。

 トークでは9月22日、テレビ朝日系の特番「さんま&コンプレックス芸能人レジェンド軍団SP!」に、おデブチームの一員として出演。トイレの個室での苦労話で大受けし、彦摩呂らと“大食い”の店を訪れての食リポも堂に入っていた。

 何より存在感を示したのがドラマだ。日本テレビ系深夜ドラマ「脳にスマホが埋められた!」では新川優愛の友人役として、重要な役柄を好演した。

「実は安藤は女優としての実績がある。コンビ結成前の06年には山下智久主演のTBS系ドラマ『クロサギ』に出演。14年のNHK・BSプレミアムドラマ『ナンシー関のいた17年』では主役のナンシー関になりきって高い評価を受けました。昨年もテレビ東京系の連ドラ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』で主役を張った。『カンナさーん!』の渡辺直美に続く存在だと認識されています」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る