ドラマも好演 安藤なつ“圧倒的肉体”を笑いに変換する知性

公開日: 更新日:

 2015年にM―1グランプリで決勝に進んで注目されたメイプル超合金は、テレビへの露出機会も増えて一気にブレークした。しかし、これまでは高学歴芸人のカズレーザーに注目が集まっていたが、このところ安藤なつのソロ活動が目立ってきた。

 トークでは9月22日、テレビ朝日系の特番「さんま&コンプレックス芸能人レジェンド軍団SP!」に、おデブチームの一員として出演。トイレの個室での苦労話で大受けし、彦摩呂らと“大食い”の店を訪れての食リポも堂に入っていた。

 何より存在感を示したのがドラマだ。日本テレビ系深夜ドラマ「脳にスマホが埋められた!」では新川優愛の友人役として、重要な役柄を好演した。

「実は安藤は女優としての実績がある。コンビ結成前の06年には山下智久主演のTBS系ドラマ『クロサギ』に出演。14年のNHK・BSプレミアムドラマ『ナンシー関のいた17年』では主役のナンシー関になりきって高い評価を受けました。昨年もテレビ東京系の連ドラ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』で主役を張った。『カンナさーん!』の渡辺直美に続く存在だと認識されています」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る