“闇営業ショック”余波…「宮迫の息子」特定するネット狂騒

公開日: 更新日:

 年末の流行語大賞ノミネートは確実なんて声も聞こえるのが、次から次へと発覚するお笑い芸人の「闇営業」だ。「FRIDAY」最新号は、16年に開かれた指定暴力団「稲川会」幹部の誕生日パーティーでゲストとして招かれた「スリムクラブ」の写真を掲載。首から“千円札のレイ”をかけて笑顔でピースする姿まであった。

 この報道を受ける形で所属事務所の吉本興業は、同コンビの無期限謹慎処分を発表。それでも、宮迫博之(49)をはじめとする11人の謹慎という“遅すぎた処分”(「2700」の2人は27日、無期限へ変更)によるツケは重く、思わぬ方向に飛び火している。

 現在発売中の「女性セブン」は宮迫の長男(18)に関する記事を掲載。雑誌の発売に先がけ、〈宮迫博之の息子が芸人になっていた「将来有望」の評価〉と題したデジタル版の記事では、長男が中2で友人とお笑いコンビを結成したことや、高校生の全国漫才大会に出場したり、高3で150人収容のホールを満席にしたりした実績の持ち主だと報じた。大学に進学後はお笑いサークルに所属しているということも記されている。その記事に対し、ネットに巣食う“特定班”の動きが活発化。報じられている断片的な情報を基に独自のスキルで収集した成果をアップし、フィーバー状態となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る