闇営業問題でTV各局大慌て…“我が道”路線テレ東の対応は?

公開日: 更新日:

 吉本興業所属のお笑い芸人をめぐる「闇営業」問題で、在京・在阪テレビ局が対応に追われている。テレビ朝日は、謹慎処分が公表された宮迫博之田村亮がMCを務める番組について「対応を慎重に検討中」とし、日本テレビは宮迫やレイザーラモンHGが出演している場面を部分編集して放送。フジテレビ、TBSは当該芸人の出演部分をカットするほか、NHKはBS放送を別番組に差し替えとなった。

「日本民間放送連盟」は反社会的勢力に断固拒否の姿勢で、加盟各社もウヤムヤにしてオシマイにするわけにはいかなかったのだろうが、ここで「ん?」と思ったのが「テレビ東京」の名前がないことだ。

 他局が横並びで大騒ぎしていても、アニメや時代劇、通販番組など、独自番組を流すテレ東。視聴率欲しさに安易に吉本芸人に飛びつくフジや日テレと一線を画し、企画力で勝負する姿勢が高評価されている。この「我が道」路線のおかげで「闇営業」騒動に巻き込まれずに済んだのであれば「アッパレ」としか言いようがない。早速、テレ東に確認すると、「27日の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』にレイザーラモンHGさんが出演予定でしたが、再放送に変更いたします」(広報部)とのこと。

 ……。う~ん、チト残念だったが、テレ東のことだ。今後、「YOUは何しに闇営業へ?」なんて番組を作るかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

もっと見る