不動産だけで500億円 ジャニー喜多川氏“遺産相続”の行方は

公開日: 更新日:

 解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で先月18日に都内の病院に救急搬送され、現在も入院中であることが発表されたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87)。ジャニーズ事務所は現在も「必死に頑張っております」とコメント。入院後は近藤真彦(54)や嵐のメンバーをはじめ、所属タレントが連日、見舞いに訪れた。ファンや関係者は、巨大芸能事務所を一代で築いた巨星“ジャニーさん”の回復の行方を固唾をのんで見守っている。

 しかし高齢ということもあり、やはり世間の耳目を集めるのは万が一の場合を見越した巨額な遺産の行方だ。週刊誌芸能担当記者はこう語る。

「ジャニーズは非上場企業なので総資産は不明ですが、港区や渋谷区など都内一等地に多数の不動産を所有しています。18年にソニー・ミュージックエンタテインメントから購入した赤坂の本社ビル(推定資産価値90億円)をはじめ、所有する不動産の資産価値は合計で500億円はくだらないとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事