大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

コミカルとアクション描写が調和した岡田准一の新境地

公開日: 更新日:

 岡田准一の俳優としての凄さを再認識した。興収20億円以上も視野に入ったヒット中の「ザ・ファブル」の演技である。都市伝説に登場するような凄腕の殺し屋を演じた。ある理由があって、ボスから普通の生活をするよう指示され、大阪のヤクザ組織の世話になる。殺しは、ご法度だ。

 往年のヤクザ映画のような筋書きが、本作の魅力を一段と引き立たせた。岡田の役が、組にわらじを脱ぐものの、いざこざに巻き込まれる凄腕の一匹狼の渡世人のように見えた。

 結局、彼もまたヤクザのもめごとにかかわってしまうが、これぞヤクザ映画のルーティンである。

 可愛い絵を描く。魚を頭から食べ、枝豆を皮ごと口に入れる。部屋では素っ裸といった具合に、岡田はコミカルな側面でいい味を出した。とぼけた日常と、卓越した銃さばきなど苛烈なアクション描写双方が、全く違和感なくまざり合っている。岡田の新境地だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る