武田真治“筋肉長者”に CM&商品開発オファーでギャラ億超え

公開日: 更新日:

 ドラマやバラエティー番組のプロデューサーやディレクターらが一堂に会する局のキャスティング会議で、目下、必ず名前があがるのが武田真治(46)だ。再ブレークのきっかけは昨年夏に放送された「みんなで筋肉体操」(NHK)で筋骨隆々の肉体美を披露したこと。

「筋肉美を追求する番組で、女性から子供まで広い層に受け入れられました。番組自体は淡々とトレーニングする様子が流れるだけでしたが、かえってそれが想定外の人気を博した。武田は昨今の筋肉ブームの仕掛け人と言っても過言ではありません」(民放編成マン)

「みんなで筋肉体操」の出演料は1本20万円程度とみられているが、武田の知名度は一気に全国区に。番組を見た民放プロデューサーがこぞって興味を持つようになった。

「昨年は筋肉体操で紅白出場も果たしました。NHKをきっかけにしたブレークは大きいですよ。今後も定期的にNHKの番組に出演できるし、体操や筋肉キャラで十二分に食べていける。もはや無理して俳優業にこだわる必要がないくらいに需要があります」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  7. 7

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る