極楽とんぼ・加藤浩次を待ち受ける鎮圧後の飼い殺しの運命

公開日: 更新日:

 大崎会長と岡本社長が退任しなければ自分が吉本興業を退社すると宣言していた極楽とんぼの加藤浩次(50)。宮迫博之田村亮の“号泣会見”について「芸人にあんな会見をさせる会社にはいられない」とタンカを切り、23日夜には吉本興業に乗り込み、大崎会長と3時間にわたって会談をした。そこまではいいとして、問題は結果だ。

 加藤は宮迫の会見と岡本社長の会見に「齟齬がある」と大崎会長に詰め寄ったものの、「そうかぁ?」とはぐらかされたという。「意志は固い」としていた退社も先送りに。“狂犬”などとマスコミに持ち上げられ、舞い上がってしまったのかもしれないが、威勢が良かったのは最初だけ。手練手管の大崎会長に丸め込まれた印象は拭えない。

「大崎会長は今の経営陣で吉本を変えていきたいとしていますから、早晩、加藤の退社は不可避の状況となっていくでしょう。もしかしたら吉本興業ホールディングス傘下の別の子会社に置いてもらえるかもしれませんが、残留したとしても“飼い殺し”になりそうです」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る