「吉本辞める」騒動わびるも…加藤浩次に大物“後ろ盾”の影

公開日: 更新日:

 加藤と親しいおぎやはぎの矢作兼(47)は、24日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、「(加藤は)吉本の若手を背負って言っているみたいになってるけど、全然そんなつもりないですからね。あれはただの狂犬ですから。引き連れて行こうなんて気持ちはさらさらないからね。1人でキレてるだけなんだから」と笑わせたが、このままでは単なるスタンドプレーとなりかねない。

「芸能人はなぜ干されるのか? 芸能界独占禁止法違反」の著者であるジャーナリストの星野陽平氏はその背景をこう見る。

「加藤の言動は、よほど会社への不満がたまっていたとしても、相当しっかりとした後ろ盾がないとできるものではありません。すでに何らかの強固なバックや黒幕が存在していると思います。今後、加藤がもし吉本興業に残ったとして、冷や飯を食わされた場合、再び反旗を翻し、賛同者と一緒に吉本を割って出るというハラはあると思います。つまり吉本興業にとっては、今後も分裂の火種はくすぶり続けるんです」

 手負いの“狂犬”ほど恐ろしいものはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る